ご自身で直せるかCheck

Check

水漏れ使用する工具:モンキーレンチ、プライヤー

修理・メンテナンスを行う前にまずは水を止めることが重要(事故防止の為)です。 水を止めるには、元栓を締めます。
元栓はほとんどの場合屋外の水道メーターのボックスの中にあります。
壁や地面にはめ込まれています。

蛇口の水漏れ

蛇口はどこから水が漏れていたかによって修理方法は変わってきます。

単水栓(水のみが出る蛇口)

水が出るところからの水漏れの場合→ハンドル内のパッキンが劣化し水が止めきれなくなっている可能性があるので、ハンドルのナット部分をモンキーレンチ等で外し水栓コマ(パッキン)を交換してください。終わったら部品を付け直します。最後に元栓を開けて確認して下さい。

ハンドル下部からの水漏れの場合→上記と同じハンドル内のパッキンが劣化し、水漏れを起こしている可能性があります。まず、ハンドル上部のカラービス(青い色が多いです)をプライヤー等で挟んで外し、ハンドルを取った後にナットを外してください。軸を外すと、三角の形をしたパッキンがあるので、そちらを交換し、逆の手順で部品を付け直します。最後に元栓を開けて確認して下さい。

お風呂場のシャワーや、台所の蛇口など、混合水栓(水とお湯が出る蛇口)からの水漏れの場合、
修理方法が複雑で技術や経験を必要とする場合が多く、お勧めできません… 
私たち島んちゅ水道ではスタッフが伺い点検し、相談者様の希望にそったアドバイスや提案を心掛けています。
蛇口の水漏れや不具合で困った場合は遠慮なくご相談ください。

トイレの水漏れ

トイレに関しても、各部分よって修理方法は変わってきます。症状から絞ってみましょう。

使っていない場合でも便器に水が流れている(チョロチョロと音がする)場合

タンク内部部品で不具合が起きている可能性があります。
タンク上の蓋を割らないよう、ゆっくり開けて中をチェックしてみましょう。ポイントは水位です。

水位が筒の一番上のまできている

水位の調整をしている部品(ボールタップ)に不具合が起き、調整が効かなくなった結果、水が止めきれなくなっているかもしれません。
ボールタップは精密に作られており、基本的には部品ごと交換をお勧めします。
便器横の水道パイプに繋がっているナットをモンキーレンチ等で緩めて外してください。
外したら、新しいボールタップを取り付けしてナットを締めます。
最後に元栓を開けて確認して下さい。
尚、トイレは陶器で出来ている場合が多いため、力加減に気を付けてゆっくり・丁寧に作業することを心掛けてください

水位が筒の一番上まできていない

タンク底のゴムフロートが劣化してそこから水が漏れてしまっているかもしれません。
この部品は素材がゴムのため、経年劣化が免れません…こちらも部品ごと交換が基本です。タンクレバーを回し、水を抜いてから作業しましょう。
抜いたらまず、ゴムフロートから伸びている鎖のような紐をタンクレバーの付け根から外します。はめ込み式になっている(違うタイプもあります)ので筒から外してゴムフロートを取り出します。
新しいゴムフロートは逆の手順で行ってください。終わったら元栓を開けて確認して下さい。
トイレは陶器で出来ている場合が多く、内部部品もデリケートなので、力加減に気を付けてゆっくり・丁寧に作業することを心掛けてください。

トイレは他にも水漏れを起こす箇所がありますが、トイレタンクを外さないと作業が難しかったり、
専門的な技術が必要な場合があります。私たち島んちゅ水道ではスタッフ
伺い点検し、相談させていただきます。部品・道具も車に乗せて伺いますので、ほとんどはすぐ対応可能です!
トイレの水漏れや不具合で困った場合は遠慮なくご相談ください。

水道パイプ・屋上タンクの水漏れ

水道パイプ・屋上タンクの水漏れ修理には専門的な知識や技術が必要なだけでなく、専用の工具等も使用するため、ご自身での修理はお勧めしません。応急処置で被害がなるべく拡大しないようにする方法をご紹介します。

1.元栓(バルブ)を閉める

直結のご家庭の場合→元栓を締めてください。(水道メーターボックス内にある場合が多いです)
屋上に貯水タンクがあるご家庭の場合→元栓と念のため屋上タンクや水道パイプ付近にバルブがある場合はそちらも閉めてください。

2.水漏れ箇所にテープを巻く

バルブを閉めてしばらくたっても水が止まらない場合は、水漏れしている箇所にテープを巻いておくと漏れる量を減らすことが出来ます。配管補修用のテープやビニールテープ等で巻きます。作業をする際テープを力強く巻くと漏れが酷くなったり、その力で水道パイプが折れてしまうことがあるので、状況をみて判断するようにしてください。

応急処置を行ったらまず、水道業者に見せることをお勧めします。
(そのままにしておくと症状が悪化する可能性があるので、早め早めの対応が重要です)
私たち島んちゅ水道ではスタッフが伺い点検し、使用用途やご希望に沿ったパイプ修理の提案をさせていただきます。
遠慮なくご相談ください。

ボイラー・ウォシュレット・ポンプの水漏れ

上記の水まわり機器は電気や水、灯油等を同時に扱う精密機器なので、水漏れ等の異常が見られれば安全のため、機器の電源を切り、コンセントを抜いて使用を中止してください。

私たち島んちゅ水道ではボイラーやウォシュレット、ポンプ等水まわり機器の点検・修理もやっています。
スタッフが伺い点検し、アドバイスや提案をさせていただきます。遠慮なくお電話ください。

つまり

トイレのつまり

つまりが起きている原因によって対処法が変わってきます。

トイレットペーパーを流しすぎた

トイレットペーパーでも多量に流すと流れきれずにつまってしまう場合があります。その場合百円ショップやホームセンター等で販売されている吸引カップ(別名:ラバーカップ)を使ってみましょう。便器の中に押し当て、押し引きを繰り返し行ってみてください。解消できるかもしれません。

物を落としてしまった

小さい飾り物や子どものおもちゃ、スマートフォン、芳香剤のキャップ等、物を落としたことによるつまりは、出来るだけ奥にいかさないようにするのがポイントです。「このぐらいなら流れるだろう…」と流してしまうのは事態を悪化させる場合があります。手前のほうに物がある場合は手袋等をして中に手を入れ取り出してみましょう。

「物を落として奥にいってしまった…」「中の方までいってしまって見えない…」等になった場合、
無理をして作業をすると2次的被害等で事態が悪化する場合があります。
無理をせずつまり業者に相談することをお勧めします。私たち島んちゅ水道ではつまり解消作業もおこなっております。
専用の薬品で解消するものから、手強そうなものまで専用の機材を用いて解決します。
スタッフが伺い点検し、解決方法を提案します。お気軽にご相談ください。

台所・浴室の排水管のつまり

台所や浴室のつまりのほとんどが汚れによるつまりです。汚れは、油や髪の毛、ヘドロなどです。
「台所の排水からポコポコと音がする…」「浴室の水はけが悪い…」それはつまりの症状かもしれません。
 その場合、吸引カップを使って対応してみてください。排水口に当て押し引きをします。その際、強い押し引きは控えて下さい。
排水管から水漏れが起き、家財道具を濡らしてしまう場合があります。

2~3回やっても取れない場合や、物を落としてしまって起きたつまり等は無理をせず、ご連絡頂くことをお勧めします。
スタッフが伺い点検し、解決方法を提案します。お気軽にご連絡ください。

水まわり器具の故障

ボイラー・ウォシュレット・ポンプの故障

水まわり器具の修理は専門知識や技術、専用の部品などが必要なため、ご自身での修理はお勧めできません。
異常が見られた場合は、使用を控えることお勧めします。
応急的な処置としては器具の内部の基盤や操作盤等にリセットボタンがある場合があります。
押してみて調子が戻るかどうか確認するというのも1つの手ではありますが、直らなかったり、すぐ調子が悪くなってしまう場合が多いので、一時的なものです。

私たち島んちゅ水道ではボイラーやウォシュレット、ポンプ等水まわり機器の点検・修理もやっています。
スタッフが伺い点検し、修理方法の提案をさせていただきます。遠慮なくお電話ください。

水まわり器具の交換・リフォーム工事

水まわり器具の交換やリフォーム工事は、ご自身で行うことはなかなか困難です。
私たちは、水まわりの小さなことから、大きなことまでトイレ、ボイラー、屋上(貯水)タンク、洗面化粧台、ポンプ、蛇口等、水まわりの器具の取替工事も承っております。
最近の水まわり器具は節水、節電の傾向にあるので、水道代や電気代もかなりお得になります。
10年以上使用している水まわり器具は一度取替えを検討してみてはいかがでしょうか?

紹介した修理作業においてご自身で実施した結果、事故・ケガ・製品の破損等があったとしても当社では責任が持てませんので、修理に少しでも不安がある又は自信がないという方は遠慮なくお電話下さい。

© 島んちゅ水道. All Rights Reserved.